日本のワインで奇跡を起こす 山梨のブドウ「甲州」が世界の頂点をつかむまで

山梨県甲州市勝沼の歴史あるワイナリー、中央葡萄酒が、グレイスワインというブランド名で、世界で数々の賞を取り広く認められるようになるまでの家族の歩みを、父三澤茂計氏と、娘彩奈氏、それぞれの立場から語っています。

「甲州」という日本固有のブドウ品種から作られるワインの質の向上をめざし、それを海外に知らしめる上で、ぶどうの栽培から醸造まで、日々どんな努力と苦労があったのかを知ることができます。そして、それが報われた時、新たな高みをめざしての挑戦が始まっています。

トップへ戻る